bun_finish
ジャマイカでは先週からイースターで、学校もホリデー中です。イースターとはキリストの復活をお祝いする日で、キリスト教の国ジャマイカではクリスマスの次に大切な祝日なんです。

そんなイースターに食べるバンの作り方を紹介します!

イースターとは?

イースターはジャマイカの祝日で、日本のゴールデンウィークのようなもの。イースターがある週はホーリー・ウィーク(Holy Week)と言われています(日本語では聖週間や受難週というみたいですね)。

木曜日:Holy Thursday
金曜日:Good Friday (祝日)
土曜日: Holy Satruday
日曜日:Easter Sunday
月曜日:Easter Monday(祝日)

金曜日と月曜日は祝日でお店や公共の期間は閉まるので、旅行中の人は注意してくださいね。

ちなみにイースターは毎年日が変わります。今年は4/16がイースター・サンデー。2018年は4/1です。

イースター・バン(Easter Bun)とは?

easterbun_and_cheese_tastee
出典元:instagram.com

ジャマイカのイースターといえばバンとチーズ。これがないとイースターは始まりません。

バンとはフルーツケーキのようなものですが、ずっしりどっしりボリュームがある食べ物です。これにチーズをはさんで食べます。

バンとチーズはイースターに限らずおやつやスナックとして普段から食べられていますが、イースターの季節にはイースター・バンというのが店に並びます(味はほとんど一緒です)。

アメリカ等ではエッグハントやイースターバニーが定番ですが、ジャマイカでは何といってもこのバンとチーズなんです。

なぜイースターにバンとチーズを食べるのか?

イースターのバンの由来はイギリスにあります。イギリスではイースターにバンを食べる風習があり、植民地時代にジャマイカに持ち込まれたと言われています。

イギリスのイースター・バンはレッドクロスバンと言って丸い形に十文字が書かれていますが、一方ジャマイカのバンは長方形でモラセスが入っていて色が黒いのが特徴です。

イギリスのイースター・バンはチーズなしで食べるのに、どうしてジャマイカではチーズをはさむのか?

バンはジャマイカではチーズとワンセットなので、イギリスのバンを食べる風習がジャマイカ風にアレンジされた、という説が有力です。

子供の学校でイースター・バンを作る機会があったので作ってきました。

イースター・バンの作り方

材料 
小麦粉3カップ
ベーキングパウダー小さじ3
ブラウンシュガー3/4カップ
2個(溶きほぐす)
溶かしバター大さじ2
レーズン・ドライフルーツ適宜
ミックススパイス/シナモン/ナツメグ各大さじ1

グレーズ(艶出し)用:

  • ブラウンシュガー 50g
  • バター 大さじ1
  • 好みでバニラエッセンス

【作り方】
下準備:オーブンは180度に温めておく。粉類はすべて混ぜふるっておく。レーズン・ドライフルーツは適当に刻みます。

  1. バターを溶かし砂糖、卵を加え混ぜます。
  2. 粉類、牛乳を加え混ぜます。全体がなじんだらドライフルーツ類を加えて混ぜ、型に流し込みます。
  3. オーブンで40分~1時間(オーブンのくせによって焼き時間は調節)焼きます。その間にグレーズを作ります。溶かしバターに砂糖を溶かします。
  4. 焼き上がり直前位にバンをオーブンから一度取り出し、グレーズをかけてさらに5分ほど焼いて照りを出します。

mince_dryfuruit
ドライフルーツを刻みます。

add_dryfruits
ドライフルーツは先に粉類と混ぜてもいいです。

bun_dough
バンの生地。ちょっと黒いのはブラウニングソース(カラメル色素)を入れているためです。

tin_sheets
オーブンで焼いていきます。

out_of_oven
グレーズをかけるため途中で取り出します。

bun_ready
出来上がりました~!

バン大好きな私ですが、実際作ってみて入っている砂糖の量にびっくり。今度から控えなきゃ・・と反省しました。

ミックススパイスはカレー用ではなく製菓用を使ってくださいね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

cotta パンデピス(スパイスミックス) 30g
価格:735円(税込、送料別) (2017/4/20時点)

 

日本の食材で作れるので、ぜひ挑戦してみてください!


Sponsored Link